Mixed Roots Japan ミックスルーツ・ジャパン
多文化市民と歩む:「共生文化」の日本モデル構築に向けて
10月27・28日 大阪大学GLOCOL「足もとの国際化連続セミナー」:ミックスルーツ・アカデミックフォーラム2012

 

発表概要・Abstract

沖縄パネル1)「『主権の外部』で生まれるということーー沖縄の混血児から見た戦後のポストコロニアル状況」
"On Being Born on the 'Outside of Sovereignty': The Postcolonial Condition of Okinawa and its Mixed-Blood Children"

島袋まりあ、カリフォルニア大学リバーサイド校比較文学外国語学部・准教授
Annmaria Shimabuku, UC Riverside, Department of Comparative Literature and Foreign Languages, Assistant Professor of Japanese and Comparative Literature
 


1952年以降、日本本土の米軍基地問題を主権侵害として抗議する渦中で、日本人女性の「純潔性」が脅かされることと、その結果として生まれる「基地の落とし子」が必ずと言っていいほど、主権侵害の象徴として強調されてきた。しかし、そもそも戦後日本の主権はいかなる内実を備え、どのような過程を経て回復したのかを問題化する必要がある。本発表では、戦後日本が主権を回復していく過程において、日米両国が沖縄を軍事要塞化していくポストコロニアルな状況を明確にしたうえで、混血児を「主権の外部」で生まれる存在と主張した日本の政治家や記者のテキストを取り上げて問題にしていく。

Since 1952, the contamination of Japanese women's "purity" and the ensuing result of "mixed-blood children" have been symbolized as a colonial infringement of Japan's sovereignty by the U.S. military. In other words, the discourse of exraterritoriality in Japan, and subsequently Okinawa, has appealed to the occurrence of miscegenation that often finds little protection by the Status of Forces Agreement (SOFA) articulated in the U.S.-Japan Security Treaty. However, from Okinawa's perspective--a region whose colonial circumstance rests precisely in the manipulation of the language of sovereignty through notions of "residual sovereignty" or a "reversion to Japanese sovereignty," these discourses which take sovereignty for granted are troubling. This paper examines the way the notion of being born "outside of sovereignty" participated in the creation of a new U.S.-Japan transpacific colonialism in postwar Okinawa.