Mixed Roots Japan ミックスルーツ・ジャパン
多文化市民と歩む:「共生文化」の日本モデル構築に向けて
10月27・28日 大阪大学GLOCOL「足もとの国際化連続セミナー」:ミックスルーツ・アカデミックフォーラム2012

 

発表概要・アブストラクト

2)「音楽と人種表象(日本ポピュラー音楽における“日本人らしさ”の交渉)
Negotiating “Japaneseness” in Popular Music in Japan
  レイチェル・ゴック、ウィスコンシンマディソン大学博士課程 


この発表では、現代の日本におけるジャンルとナショナリズム、ポピュラー音楽の交差点を検討していきます。まず、ジャンル分類とは、大衆文化の生産者と消費者の両方にとっての、経済的、イデオロギー的、そして審美的結果を伴うプロセスです。そして音楽では、ジャンルの分類をめぐる慣行が国家イデオロギーと日常生活の交差点を特に明白にします。私は、韓国の有名ポップスター東方神起や新人演歌歌手ジェロ、“ワールドミュージック”のスター吉田兄弟やダブミュージシャン加納 沖といった広い範囲の音楽家を検証します。今回の分析は、現代日本の大衆文化でのナショナリズムと、それに関する民族性の問題を論じるために、ミュージックビデオ、広報画像、楽曲といった様々なテキストを含みます。特に、日本"国内"のポピュラー音楽と認められるために、パフォーマーは一体何をすべきか、ということに注目しながら、ジャンル間の交差の実例を検討していきます。

This talk will consider the intersections of genre, nationalism, and popular music in contemporary Japan. Genre categorization is a process with economic, ideological, and aesthetic consequences for both producers and consumers of popular culture. In music, the practices surrounding genre categorization make the intersections of national ideology and daily life especially visible. I will consider a wide range of performers, such as well-known South Korean pop stars Tohoshinki, enka new-comer Jero, world music stars the Yoshida Brothers, and dub musician Oki Kano. My analysis includes a variety of texts, such as music videos, publicity images, and music pieces, to discuss nationalism and related issues of ethnicity in contemporary Japanese popular culture. In particular, I will examine instances of crossover between genres, examining what performers must do in order to be considered “domestic” Japanese popular music.